C'est la vie 25周年


設立から25年、これまで継続して来れたことにご縁いただいた全ての方に感謝しています。あらゆる経験、繋がり、たくさんの巡り合わせがチカラとなりました。今まであまり周年を意識することなくきましたが、変わる、という流れはいつも身近で、変わらない、というのも試行錯誤の連続。ひと言で何を指すというわけではありませんが、いつも考えるテーマのひとつです。
表現の楽しさ苦しさはあっても、ものづくり、ことづくり、人の目に触れて手に渡り、喜んでもらえるしあわせ。心動かされる気持ち、ときめきは、手元に残るものカタチに無いものでも、記憶には残ります。


.

.

以前、事務所のあった場所もなにわ筋沿い北堀江。写真のこの古いビルも好きでした。
その頃は、立花通りには家具屋さんばかり、人も少なく、いまの堀江とは全く違うものでした。ひとつ話題の店ができると、あっという間に店舗が入れ変わりお洒落なエリアと言われようになりました。間も無く、なにわ筋を南へ現在の場所に引っ越しすることに。ここも、引っ越しした当時は周辺にマンションなどもなく、あたりは広々と見渡せるくらいスッキリした街並みでした。当然ながら25年経つと街の変化も目の当たりにします。
変わらないのは窓から見える景色、引っ越す前も現在もいちょう並木が目の前。夏には緑の葉で生い茂る木々、秋には銀杏黄葉、落ち葉や銀杏のにおい。街中の便利な場所にいながら、案外落ち着くところだと思っています。


変わらずにいられる場所で、少し新しいことをはじめます。


C'est la vie、Relay、今後ともよろしくお願いいたします。

Relay

グラフィックデザイン事務所C'est la vie

0コメント

  • 1000 / 1000